読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの四季さん

四季をイメージした4姉妹の話を、ほそぼそと更新していくブログ。

ダンス練習

f:id:inumarux:20170525113350p:plain

春と秋で『おねがいダーリン

春⇒♡.おねがいダーリン 歌ってみたver.柊 優花 by 柊優花@ハマゴリ 歌ってみた/動画 - ニコニコ動画

秋⇒【オリジナルMV】「おねがいダーリン」を歌ってみた。byめるもー by めるもー 歌ってみた/動画 - ニコニコ動画

 

f:id:inumarux:20170525113733j:plain

夏と冬で『ゴーゴー幽霊船

ダンス⇒【けいたんと暴徒】ゴーゴー幽霊船 踊ってみた【ダンマス4】 by 暴徒 踊ってみた/動画 - ニコニコ動画

 

 

 

NEW シングル 『アナタを護ります!』

f:id:inumarux:20170525083847j:plain

PVに使えそうな王子様コスチュームでドキドキしますね(´・‿ゝ・`)

衣装提供:志保様

作詞:犬が歩くお

作曲:???

 

てか、久しぶりに音楽系の投稿をしたような(^_^;)

 

春「~♪~♪」

夏「ねぇ、コレ脱いでもいい~?暑いんだけど」

秋「ほら冬、しっかりなさい。みっともないでしょう」

冬「はやく踊ろうよ~!冬もう待ちくたびれた~!」

 

まとまりのない姉妹でよござんす( ゚Д゚)⊃旦 

雪の日のクリームシチュー(感想会)

KP:はーいお疲れ様です。感想会が遅くなってしまって申し訳ない。

 

春:お疲れ様です。ちょっと今回のシナリオは怖ったですね。

 

夏:お疲れ様~。アタシは戦えて良かった、スッキリしたよ!

 

秋:今回、色々と危なかったのは春お姉様と冬でしたね。大丈夫?

 

冬:冬は凄く怖かったので、もう二度とやりたくないです。

 

KP:まぁまぁ、とりあえず個人の感想を聞いていこうかな♪

 

春:はい、私は初めてこのゲームは怖いなぁって思いました。前回のがとても簡単だったので、今回は本当にドキドキしました。

みんなの命も危ないと思ったし、でも無事に生還出来てよかったです。

 

夏:アタシはもっとバトルしたかったなぁ!ねぇKP、今度はアタシをもっと活躍させてよ!でもちょっと怖かったなぁ…。初めてゾンビ見たし、冬もあんなだったし…。春姉ぇにキツいとこ任せちゃったのもあったし。でも楽しかった!

 

秋:私に至っては何も出来ませんでしたわ、それに比べて春お姉様と夏お姉様は素敵です。私は…ホント、役に立てなくて…。

 

冬:秋姉ぇはまだイイじゃん、冬こそ何も出来なかったもん。最初のテレビがショッキングすぎた…。冬はもっと優しい世界がいい。

 

KP:各々感想はあるようですが、今回も楽しかったですね!

作成者様の許可も頂きました(事後報告)。こんなどうしようもないブログで申し訳ないくらいです…。

これからも色々とシナリオ発掘してプレイ出来たらいいなと思ってます。

 

夏:ちなみに、KPのニャルラトホテプのイメージは神木隆之介君だそうです。

 

冬:あー、だからセリフ変えたんだ。

 

KP:いーでしょうが!神木君だってイイじゃないの!

 

それではまた!

 

冬とバレンタで「ちがう!!!」

f:id:inumarux:20170317151454j:plain

どっちをどっちにしようか悩みましたが、ミクのバージョンを冬にお願いしました。

ホワイトのお返し

f:id:inumarux:20170314090037j:plain

ホ「あ、あの!春さん!これ、バレンタインのお返しです!」

 

春「わぁ、薔薇ね。有難う、とっても嬉しいわ!」

 

ホ「ブリザードフラワーなんで、絶対に枯れません!!」

 

春「そうなんだぁ、じゃあ大事に飾るね♪」

 

ホ「本当は…、3本とか7本用意したかったのですが…」

 

春「3本?7本?それを言うなら4本か8本じゃない?」

 

ホ「エ?( ゚д゚)」

 

春「私と、夏ちゃんと、秋ちゃんと、冬ちゃん、ね?4本でしょ?」

 

ホ「あ、はい…。そう、ですね…」

 

春「みんなが見れるようにリビングに飾るね、有難うホワイト君!」

 

ホ「はい……(´;ω;`)」

 

夏「春姉ぇ鈍いなぁ…」

秋「仕方ありませんわ、春お姉様ですし…」

冬「ねーねー、何してるの?」

雨降 梅雨里

梅雨里さんの詳細を公開です!

f:id:inumarux:20170303210719p:plain

四季シリーズには無い巨乳キャラです。貴重ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』最終回

1話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』1 - うちの四季さん

2話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』2 - うちの四季さん

3話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』3 - うちの四季さん

4話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』4 - うちの四季さん

5話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』5 - うちの四季さん

 

春:さ、秋ちゃん達がが帰ってくる前にシチューを作りましょう、まずは手を洗います。

銀:はい!

冬:はーい…。(銀ちゃん…幽霊なのに)

(春のワクワククッキング中)

春:完成!あとは夏ちゃんと秋ちゃん達の帰りを待つだけ!

(夏秋帰宅)

冬:二人共、大丈夫だった?近になにかあった?

夏:うん、銀の父親の日記が見つかった。春姉ぇも読む?

春:うん、読ませて。

(中略)

春:……そう、なのね。

夏:さ、もう良いだろ?シチュー食べよう。

秋:そうですわね、春姉様のお手製シチュー。絶対においしいですから。

銀:私も…お腹空いちゃった。

春:そうね、頂きましょう。

KP:みんなで手を合わせて囲む食卓、銀は目を輝かせながら「美味しい美味しい」と笑顔を見せた。

シチューを半分位食べると、姉妹の視界が白くくらむ。そして、銀が座っている位置から、男とも女とも子どもとも老人とも聞き取れる声が聞こえてくる。

『なるほど、これが人と食を囲む暖かさか…。彼女の気持ちが分からないでもないね』

『とても美味しかったよ、有難う。皆、もう元の場所に帰ったほうがいいね、有難う』

 

その声は徐々に遠のき、次に目を覚ましたのは自分たちの家だった。

何が起こったのか、夢でも見ていたような、そんな気分だった。

だが1つ言えることは……。

 

姉妹:なんだかシチューが食べたいね!

 

【今回得たもの】

全員

SAN値回復

1D6+1D3

追加ボーナス

1D6+1D6

 

クトゥルフ神話+1

最大SAN値-1

SAN値回復+10

 

ナイフ(食器/ルルブ小型ナイフ参考)【25%1D4+DB】

SAN値回復+14

 

ナイフ(食器/夏同様)

SAN値回復+11

 

SAN値回復+16

 

オリジナルアーティファクト

今回は無しにさせて頂きました。