読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの四季さん

四季をイメージした4姉妹の話を、ほそぼそと更新していくブログ。

CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』最終回

TRPG うちの四季さん クトゥルフ

1話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』1 - うちの四季さん

2話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』2 - うちの四季さん

3話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』3 - うちの四季さん

4話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』4 - うちの四季さん

5話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』5 - うちの四季さん

 

春:さ、秋ちゃん達がが帰ってくる前にシチューを作りましょう、まずは手を洗います。

銀:はい!

冬:はーい…。(銀ちゃん…幽霊なのに)

(春のワクワククッキング中)

春:完成!あとは夏ちゃんと秋ちゃん達の帰りを待つだけ!

(夏秋帰宅)

冬:二人共、大丈夫だった?近になにかあった?

夏:うん、銀の父親の日記が見つかった。春姉ぇも読む?

春:うん、読ませて。

(中略)

春:……そう、なのね。

夏:さ、もう良いだろ?シチュー食べよう。

秋:そうですわね、春姉様のお手製シチュー。絶対においしいですから。

銀:私も…お腹空いちゃった。

春:そうね、頂きましょう。

KP:みんなで手を合わせて囲む食卓、銀は目を輝かせながら「美味しい美味しい」と笑顔を見せた。

シチューを半分位食べると、姉妹の視界が白くくらむ。そして、銀が座っている位置から、男とも女とも子どもとも老人とも聞き取れる声が聞こえてくる。

『なるほど、これが人と食を囲む暖かさか…。彼女の気持ちが分からないでもないね』

『とても美味しかったよ、有難う。皆、もう元の場所に帰ったほうがいいね、有難う』

 

その声は徐々に遠のき、次に目を覚ましたのは自分たちの家だった。

何が起こったのか、夢でも見ていたような、そんな気分だった。

だが1つ言えることは……。

 

姉妹:なんだかシチューが食べたいね!

 

【今回得たもの】

全員

SAN値回復

1D6+1D3

追加ボーナス

1D6+1D6

 

クトゥルフ神話+1

最大SAN値-1

SAN値回復+10

 

ナイフ(食器/ルルブ小型ナイフ参考)【25%1D4+DB】

SAN値回復+14

 

ナイフ(食器/夏同様)

SAN値回復+11

 

SAN値回復+16

 

オリジナルアーティファクト

今回は無しにさせて頂きました。