読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの四季さん

四季をイメージした4姉妹の話を、ほそぼそと更新していくブログ。

CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』3

KP:1話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』1 - うちの四季さん

  :2話⇒CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』2 - うちの四季さん

 

KP:二階に向かった夏の描写から始めようか。今どこ?

夏:階段上がってるとこ、間取り図片手にね。

KP:まずどの部屋を見るつもり?

夏:うーん…。子ども部屋にしようかな、手前だし。

KP:じゃあ子ども部屋ね。ピンクが基調の女の子の部屋、小さなベッドとタンス、勉強机が置いてあるよ。

夏:うわぁ…。アタシには無縁の部屋だわ…。じゃあ先に勉強机から目星。

目星【夏:45=56】失敗

 

夏:うん、知ってた。

KP:なんか、わしゃーって散らかってるね。

夏:散らかってるだけなら大したことないかな、じゃあベッドは?

KP:ただのベッドだね。寝るなら体を縮める必要が…。

夏:寝ないから!じゃあタンス。一応一段ずつ目星。

KP:タンスのうち1段が何かに引っかかって開きにくくなってるのに気がつくね、でも夏の力なら頑張れば引けそう。

夏:じゃあ頑張る!

KP:夏が力任せに引っ張ると、引き出しの引っかかりが外れて開く。引き出しにはおままごと用なのか、食材を象った玩具が散乱していた。しかし、その食材のどれもが赤色で濡れていた。その赤色からは鉄の匂いがして、夏はすぐに血液だと気が付く。SANチェックです。

SAN値【夏:59=1】クリティカル

 

KP:おぉ、じゃあ減少無しだね。血濡れていると言っても大した量ではなく、夏はあまり恐怖とは思わなかったね。

夏:っしゃー!じゃあ目星!

目星【夏:45=59】失敗

 

夏:あちゃー……。

KP:うん、まぁさっきクリティカルだったし、おまけでOKにしてあげるよ。引き出しからは【どこかの鍵】が手に入るよ。

夏:鍵?鍵かぁ…。どこのだろ。まぁいいや、次は正面の納戸を調べる!

KP:じゃあその前に春達の方へ戻るよ。

 

KP:春ー、大丈夫?

春:大丈夫です、次は床下収納を調べます。

KP:はいはい。秋たちは?何もしない?

秋:春姉様が何もするなというのであれば、椅子に座って待ちますわ。KP、何か与え忘れた情報はありますか?

KP:うん、ぶっちゃけあるよ。でも探索してくれないと見つけられないかも。

秋:それはリビング内ですの?

KP:アイディアか目星振って!

アイディア【秋:85=46】成功

 

KP:秋がリビングを見渡すと、壁に油絵が掛けられてるね。あと、カーテンが閉めっぱなしだよ。

秋:…それだけですの?

KP:うん!

秋:…冬、私はカーテンと油絵が気になるので行きたいのですが、冬はどうするんですの?

冬:秋姉ぇが行くなら一緒に行く…。ね、銀ちゃん

銀:うん、私も一緒にいいですか?

秋:え!?あ、あー…。えぇ、構いませんわ…。(忘れていましたわ、チビっ子が居ることを)

KP:じゃあ秋達から先に処理するね。何処に先に行く?

秋:一番近そうな油絵からにしますわ。何の絵か分かるかしら?

KP:水車の書かれた絵だよ。ちょっと目星振ってみて。

目星【秋:25=55】失敗

 

KP:知ってた!

秋:冬!目星だけでも振りなさい!

冬:うぇぇ…。冬がやるのぉ?

目星【冬:25=22】成功

 

KP:すげぇ、初期値で成功したね。じゃあね、ふと視線を落とすと油絵の下の床、そこに違和感を覚えるね。

冬:秋姉ぇ、床…ヘン。

秋:床?ですか?冬の言った場所に触れます。

KP:床はスライドして横にズレ、そこからハッチが現れるね。ハッチには鍵穴があって鍵が掛かってるよ。

秋:…これ、重要じゃありませんの?!

KP:うん、ちょっとだけ重要w

秋:……。まぁ、開かないのであれば仕方ありませんわ、次はカーテンを開けてみます。

KP:カーテンを開けば外へ通じる大きな窓があり、外は大雪なのか吹雪いているのが分かるね。時刻は夜、外は真っ暗だよ。

秋:ここから逃がす気はない、という暗示かしら。カーテンを閉めてハッチを見つけた事を春姉様に伝えます。

KP:はいはい、じゃあ春の描写にしよっか。

春:床下収納を調べます。

KP:床下収納に鍵はなく、簡単に開くよ。中には【バター】と【ベーコン】があるよ。

春:…そう。何もなくて良かった。KPさん、他に調べられる所はある?

KP:んー…。キッチンはもう無いかな。

春:そう。あ、そうだ秋ちゃん、お風呂場を調べた事も一緒に教えて頂戴?

秋:は、はい。ではまず、ハッチを見つけた事を伝えた後に、洗面台、お風呂場に目星いものは無かった事を伝えますわ。

春:そう、なら鍵は二階かしら…。

KP:二階行く?

春:その前に、階段の横に扉があるんでしたよね?そこを見に行きます。

KP:ん、りょうかーい!じゃあ春はキッチンの扉から出て階段隣の扉を開けるね。そこはトイレでした。目星しても何も出てきません。

春:じゃあ一度キッチンに戻って、私も二階へ行くことを秋ちゃん達に伝えます。

冬:ま、待って!冬も一緒に行く、だから置いていかないで、春姉ぇ…。

春:じゃあ、みんなで二階に行きましょう?

KP:このタイミングで夏が納戸に入った事にしようか。夏の描写するね。

夏:はいはい。

KP:納戸は、とりあえず欲しいものが手に入るよ。ただ必要に応じて幸運を振ってもらうけど。

夏:欲しいものか…。アタシも戦闘がある気がするから、バットとかない?

KP:…この家の設定上なさそうだから、幸運振って?

幸運【夏:60=86】失敗

 

KP:さっき見たとおり、この家は女の子が居る家庭みたいだがらバットはなさそうだね。

夏:じゃあ拳銃。アタシじゃなくて冬用に、アイツ結構ビビってたから。ココってさ、さっきの女の子の家でしょ?多分外国だよね、ならありそうなんだけど。

KP:うーん、あったとしても納戸にしまうかなぁ…。

夏:幸運でもいいから、早くして!

幸運【夏:60=79】失敗

 

KP:残念でした!

夏:じゃあもういいよ!出る!(おこ)

KP:夏が納戸から出ると春達と合流するね。

夏:冬、もう動けるの?

冬:うん、ちょっと落ち着いた…。御免ね、夏姉ぇ…。

夏:良いってことさ。コレ、この家の見取り図だけど、銀は見覚えある?

銀:え…私?……御免なさい、分からない

夏:あっそ、多分アンタの家だと思うんだよね、子供部屋は一個で女の子の部屋みたいだったし。

春:夏ちゃん、決め付けるのは良くないわ。

夏:ううん、絶対にこの子の家だよ。分かる。

秋:そ、そんな事より、他の部屋も調べましょう?夏姉様、ほかの部屋はドコを調べてないんですの?

夏:寝室と書斎がまだ…。

秋:なら、私と夏姉様が書斎を調べますので、春姉様と冬、銀ちゃんは寝室をお願いします。さぁ行きましょう!と言いながら夏姉様の背中を押して急かしますわ。

f:id:inumarux:20170303130952j:plain