読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの四季さん

四季をイメージした4姉妹の話を、ほそぼそと更新していくブログ。

CoCTRPG『雪の日のクリームシチュー』1

TRPG うちの四季さん クトゥルフ

シナリオタイトル『雪の日のクリームシチュー

作成者:にこいち様

使用ツール:クトゥルフWEBダイスロール

戦闘ダイス参考サイト:いあいあ!くとぅるふ!

※ネタバレを含みます。

※多少の情報をショートカットする可能性があります。詳しくはサイトをチェックしてください!

※不定の狂気・一時的狂気 不採用。

※クリティカル(1のみ)を出すと成長分+1という卓ルール有り。

※クリティカル値1~5 ファンブル値95~100

SAN値と耐久は最初の数値に戻してあります。

 

四季姉妹の設定⇒TRPG始めますw - うちの四季さん

『貴女達は夕食前の少し空いた時間を持て余し、なんとかして時間を潰そうとリビングでくつろいでいます。次第にだんだんと眠たくなってきて、全員の瞼がゆっくり落ちていきました。』

 

KP:はい、幸運からの成功者は聞き耳ね。

幸運【春:75=71成功 夏:60=95ファンブル 秋:75=27成功 冬:80=22成功

聞き耳【春:35=92失敗 秋:25=48失敗 冬:65=1クリティカル

 

冬:クリティカルー!(∩´∀`)∩

夏:ファンブルー……(´・_・`)

KP:はいはい、じゃあねぇ…。聞き耳成功した冬。

『一緒にご飯が食べたいな…』という声を聞き取ります。その声は男とも女とも、子供とも老人ともとれる声です。

失敗した春と秋には同じような声で、『……食べたい』とだけ聞こえます。

冬:冬もみんなと一緒にご飯たべたーい!

KP:と言いながら冬が一番最初に目を覚まします。

目を覚ますと見知らぬ部屋にいました。春、秋、冬はソファーの上で寝かされていて、手を胸の上辺りで組むようになっていました。

まぁ知らない部屋にいきなり寝かされていたって事で、SANチェックです。

冬:クリティカルに対するボーナスは無いの?

KP:今はダメだよSANチェックは関係ないもん

SAN値【冬:80=52】成功

 

KP:成功は減少無しです。さて、どうする冬?

冬:ねぇねぇ、ソファで寝てるのは春姉ぇと秋姉ぇと冬だけ?夏姉ぇは?

KP:辺りを見回す?

冬:見回す!

KP:冬が夏を探して辺りを見回す。まず最初に気がついたのは、夏がその場にいない事。そして、すぐそばの絨毯で横たわる一人の少女が居る事にも気がつきました。

冬:少女?うーん…。じゃあ最初にその子を起こします!

KP:えぇ!?春達起こさないの?まぁいいけど…。

冬の声で少女は目を覚まし、一瞬目を丸くして驚いたような表情を見せる。

少女:あ、あの…私。ここは…ドコですか?

冬:冬も分からない!ねぇねぇKP、この子ってどんな子?

KP:うん、銀色のロングヘアに青い瞳。年齢は冬達よりもずっと年下だね。

冬:そっかー。ねぇねぇお名前は?

少女:なまえ……。御免なさい、思い出せない。

冬:自分の名前を?

少女:うん…。

少女:そっかー…。じゃあ春姉ぇ達を起こそう!

f:id:inumarux:20170303092504j:plain

冬:春姉ぇ、秋姉ぇ、起きて!大変だよ!

春:んっ…なぁに冬ちゃん…。と眠たげに体を起こします。

秋:同じくですわ、快眠を邪魔されて当然ですもの。

冬:なんかね、知らない場所に飛ばされて、記憶喪失の女の子がいて、夏姉ぇが居ないんだよ!

春:知らない場所?辺りを見回します。

KP:うん、春と秋も同じように見回すと、見知らない部屋だね。SANチェック

SAN値【春:75=75成功 秋:75=78失敗-1=74】

 

春:あ、危なかった…。次は…女の子に目がいきますね。

秋:そうですわね…。とりあえず私に少女を近づけないで下さいね。

冬:この子ね、自分の名前が思い出せないんだって、どうしよっか?

春:そうね…。初めまして、私は春っていうの、後の子は秋よ。お名前まったく思い出せない?

少女:はい…。御免なさい。

春:ううん、怒ってないから謝らなくてイイのよ?じゃあ…髪の毛が銀色だから銀ちゃん、って呼んでもいいかな?

冬:春姉ぇ…ネーミングが単純すぎるよ…。

秋:春姉様と冬に女の子をお願いして、私は夏姉様を探しに行きたいですわ。

KP:うん。じゃあ三人の描写を一旦区切るね。夏の描写にいくよー。

夏:バッチコーイ…

KP:幸運でファンブった夏は、皆とは違い知らないバスタブで眠ってたね。絶対にありえない状況なので、問答無用でSAN値マイナス1ね。

SAN値【夏:60-1=59】

 

夏:は、はは…。何でアタシはバスタブに…。とりあえずバスタブから出るよ。

KP:此処でなんかアクション起こす?それとも皆が居る場所を探す?

夏:あー…。とりあえず見れる所は見ようかな。目星。

目星【夏:45=76】失敗

 

KP:うーんとね。なんの変哲もないバスルームです、綺麗に掃除されてるね。

夏:じゃあ皆の所へ行くよ…。

KP:今夏は洗面所です。なんかする?

夏:一応しておこうかな、目星。

目星【夏:45=79】失敗

 

KP:はやく皆と合流したいあまり、何も気にならなかったねw

夏:くっそ!後で皆に任せるしかないか。洗面所も出る!

KP:じゃあ夏が洗面所から出ると、そこは廊下だね。左側には扉があって、右側には扉、その奥に階段があるのが分かるね。

夏:たぶん話し声とかで分かるよね?一応、おーいって呼んでみる。

KP:うん。で、このタイミングで夏を探しに行こうとした秋がリビングから出るね。

秋から見て左側には玄関、右側には階段と扉が見えるね。

秋:夏姉様の声がした方へ向かいますわ。

KP:声がしたのは階段が見える方だからそっちに向かうね、で夏と合流。

秋:夏姉様、どこに居ましたの?

夏:ん?風呂場に居たんだよ。なんでアタシだけ風呂場だよ畜生!

秋:お風呂場には何が?

夏:アタシは特別気にならなかったけど…、秋が見たらなにかあるかもねぇ…。

KP:あ、みんなの所には戻らない系?

秋:そうですわね、先にお風呂場を探索したいですわ。夏姉様には春姉様が居る、リビングへの扉を教えてます。

夏:あ、アタシは左の扉開けたい!

KP:お、おぅ…。じゃあ一旦春達に戻るね。

春達はどうする?

春:そうですね、この部屋の情報がもう少し欲しいかな。

KP:オッケー。今春達が居る場所にはソファ、その前にローテーブル、その前にテレビがあるよ。ローテーブルの上にはテレビのリモコン、テレビの番組表、メモ紙が1枚置いてあるよ。

ソファの後はダイニングテーブル、その奥にダイニングキッチンがあるね。この事からこの場所はリビングだと想定されるね。

春:なる程、じゃあ銀ちゃんを冬ちゃんに任せて、私はキッチンを調べようかな。

冬:あのね、冬はテレビ見たい!銀ちゃん、一緒に見よう!

銀:う、うん!私もテレビ…見たいかも…。

KP:テレビ付ける方が早そうだから冬の方から処理するね。リモコンを手に取ってすぐ付ける?

冬:まずはテレビ表見る!お笑いとかやってない?てか今何時?

KP:今?今はねぇ18時ぐらいかな。お笑い番組は18時30分から始まるみたいだね。

冬:じゃあ見る!テレビ付けまーす!

KP:つけたね(黒笑)

 

テレビ画面を付けるとソコには冬が居た、画面の中の冬は必死に何かを叫んでいた。

『助けて!嫌だぁ!殺されるっ!!』

必死にそう叫ぶ冬の声は、キッチンに向かおうとしていた春にも聞こえた。助けを求める冬の背後から、大きな手が何本も伸びてきて冬を捕らえる。手は冬を引きずり家庭用のキッチンの上に乗せる、すると斧を振りかざして足を切り落とした。

何度も斧は振り下ろされ、冬の両手両足を切り落とし、落とされた四肢と体は寸胴鍋に入れられ火にかけられる。鍋の中は真っ赤なスープが出来上がっていた。

 

「食材が逃げちゃダメだよ」

 

テレビから聞こえてきた声は、冬が目覚める前に聞いた声と同じ声で語りかけてきた。

テレビはブツンと真っ黒い画面に戻り電源が落ちていた。

残酷すぎる暴力シーン、そしてもしかしたらこれから同じ目に遭うのではないか、という予感がしてしまったのでSANチェックです。

SAN値【春:75=80失敗-(3+1)=71 冬:80=98ファンブル-(1+1+3)=75

(※ファンブル処理=通常の1D3+1に加え、追加で1D3)

 

春:ふ、冬ちゃん!銀ちゃん!二人に駆け寄って前に回って抱きしめます!