読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの四季さん

四季をイメージした4姉妹の話を、ほそぼそと更新していくブログ。

CoCTRPG『山羊の牧師は独りぼっち』

TRPG うちの四季さん クトゥルフ

シナリオタイトル『山羊の牧師は独りぼっち

作成者:佐藤様

使用ツール:クトゥルフWEWダイスロール

※ネタバレを含みます。

※多少の情報をショートカット(SC)する可能性があります。詳しくはサイトをチェックしてください!

※不定の狂気・一時的狂気 不採用

 

『今日は雲一つ無い晴天です。方角は西南に、美しい山羊座が見えることでしょう。』
天気予報士がテレビの向こうで言う。
夕方になり、四季姉妹は何気なく空を見上げ、美しい秋空に感動するでしょう。そして姉妹たちは小さな丘に、星空を見に集まった。
空を見上げると、明るい星がいびつな三角形に並んでいる。ふと、そのうち一つが強く輝いたと思うと、光が目の前を包み、気を失った。

---

KP:はい、まず目を覚ますと知らない部屋です、周りから悪臭がして毎ターンSAN値-1です。

ああ、あとその部屋は薄暗いです。

SAN値【春:75-1=74 夏:60-1=59 秋:75-1=74 冬:80-1=79】

f:id:inumarux:20170224113041j:plain

夏:うわー…いきなり恐ろしいなぁ…。

秋:もっと初心者用のシナリオは無かったのかしら、信じられないです。

春:まぁまぁ、まずは探索しましょう?この部屋には何があるのか、見回します。

KP:うーんとね、4方向の壁には扉が付いています。扉には[アルゲティ][ダビー][デネブ][名前なし]と名前がついています。

あとは部屋の中心にメモと鍵と、部屋の隅に古いピアノがあります。

 

春:じゃあメモと鍵を手に取ります。

KP:メモには『この鍵は何にでも使える。が、1回しか使えない。扉には使うな。』と書いてあります。

秋:何にでも使えるのに1回しか使えなくて、扉には使ってはいけないって…。

冬:ねーねー!扉開けたい!軽くドアノブをガチャガチャしてもいい?

KP:え、あ、うん…いいよ。じゃあね、名前のある3つの扉は鍵が掛かってて開きません。で、何もない部屋は簡単に開きました。入る?

冬:入る!なにかある?

夏:ちょ、そんな無用心な…。

KP:入るのは冬だけ?

春:あ、私も入る。

秋:春姉様が入るのなら入ります。

夏:うーん、アタシはピアノを調べようかな…。

KP:じゃあ先に3人の方から描写するね

 

SAN値【春:74-1=73 夏:59-1=58 秋:74-1=73 冬:79-1=78】

夏:ワーイ、アタシのSAN値が減っていくぅ…。

KP:はい、何も書いてない部屋には小さい窓と、本棚が両脇にあります。

秋:本棚があるなら、私の出番ですわ(キラン

図書館【秋:100%】成功確定

KP:えーと、『山羊座の神話』と『山羊座の星座』という本が手に入ります。読む?

秋:読みますわ。

春:図書館の技能がいらないなら、もう一冊は私が読んでもいい?

KP:技能なくても良いよ。冬はどうする?

冬:うーん…。この窓とか開けたい気がする…。

KP:えーっとね、外は黒い雷雲が遠くまで覆ってます。窓には鍵が掛かってて開きません。

冬:じゃあさっきの鍵使う?

秋:いえ、鍵はまだとって置きましょう、冬は大人しくしてなさい。

冬:はぁーい…。

SC(春、秋、読書中……)

 

KP:じゃあ1回夏の描写するね。

夏:ばっちこーい!じゃあピアノに目星!

目星【夏:45%】38成功

夏:よっしゃ!

KP:ピアノは埃が若干かぶっていて、あまり使われてなさそうです。そして鍵盤の蓋は空いていて、白い鍵盤1つ1つに1~52の数字が書いてあります。

夏:うーん、勝手に押すのも怖いし…。とりあえず春姉ぇ達の帰りを待つよ。

KP:りょ。じゃあ春達の描写に戻るね。

 

KP:読んでいた『山羊座の星座』からメモが落ちます。

「アルゲディ:山羊は悪魔の象徴。アイギパーンの手下、魔女には耳を貸すな。
ダビー:テュフォンには敵わない。ゼウスでさえ倒せなかった。
デネブ:パンは心優しい牧師。困っている人を放っておけない。」

春:うーん…。さっきの部屋の名前と一緒よね?

秋:そうですわね、デネブの部屋が当たり、という事でしょうか?

冬:とりあえず夏姉ぇの居る部屋に戻ろう、冬ピアノが気になる!

春:そうね、これ以上の情報提供も無さそうだし。戻りましょう。

 

SAN値【春:73-1=72 夏:58-1=57 秋:73-1=72 冬:78-1=77】

秋:どうやら、部屋を移動する度にSAN値が減るようですわね。

夏:アタシは移動してないのに…、減るんだね…。

冬:夏姉ぇドンマイ★

夏:SAN値が一番多いヤツにドンマイって言われても…、嬉しくない(グスン

春:まずはピアノを何とかしたいので、私も目星を振ったほうが良い?

夏:あ、それならアタシが見せながら説明すれば良いでしょ?

KP:うん、それでもいいよ。

秋:さっき、本にはアルゲティは山羊座の6番目、ダビーは9番目、デネブは49番目とありましたわ、鍵盤の数字は52まで…。うーん。

春:じゃあ順番に弾いてみる?

秋:KP、私にアイディアを降らせてください。例えばこのピアノと扉に本当に関係性があるか。

KP:いーよー。

アイディア【秋:85】23成功

 

KP:ピアノの特定の鍵盤を引くと何かありそう、秋はそんな気がするね。

秋:そ、それだけですの?

KP:クリティカルとかじゃないからね~、十分でない?

秋:っく…。

春:えーっと…、全部押しても良いのかしら?

夏:いーんじゃない?とりあえず順番通り押そうよ。

冬:冬がやる冬がやるぅ!

KP:……(このままだとコイツら死にかねないなぁ…)

じゃあ冬、アイディア振って。

冬:ん?いーよー!

アイディア【冬:45】63失敗

 

KP:なんでじゃ…。

夏:ま、待った!弾くのは秋にしよう!選手交代!

冬:えー…、冬が弾きたかったぁ!

KP:はい、秋アイディアどぞ

秋:さっき教えてくださっても良かったのでは……。

アイディア【秋:85】52成功

 

KP:よし!じゃあねぇ…。

今までの情報を総合して、[アルゲティ]と[ダビー]の部屋はなんとなく危ないなぁ、と秋は椅子に座った時に思うね。

秋:それ、明らかにデネブの扉を開いて。と言ってるようなモノですわね。

春:じゃあ秋ちゃん、49番を弾いてみて?

秋:分かりましたわ、春姉様。49番の鍵盤を、押します!

 

KP:49の鍵盤を押すと、上からメモと鍵が降ってきます。メモには「彼の導く先へ。独りから救い出してやってくれ。」と書いてあります。

春:鍵、49番の部屋の鍵かな?

夏:それしか無いよなぁ。

冬:さっきピアノ弾けなかったから、冬が開ける!

秋:分かりました、冬に鍵を渡しますわ。

冬:わーい!じゃああけまーす!

夏:だから、聞き耳とかしないのかよ(ビシッ。

SAN値【春:72-1=71 夏:57-1=56 秋:72-1=71 冬:77-1=76】

 

夏:SAN値減少まだやるの?やだなぁ…。

KP:部屋の中には、蹲って泣いている男性が一人いますね。声かける?

春:かけます!大丈夫ですか?どこか怪我してるんですか?

??:あ、貴女達はいったい…、誰ですか?

春:私は春です、訳あって妹達とこの空間に巻き込まれてしまったんです、貴方も巻き込まれたんですか?と言いながら怪我がないか目星します。

目星【春:30】40失敗

 

KP:まぁ、パッと見外傷は無さそうだね。

春:失敗…、もう少し振り分けておけば良かった…。あの、貴方は?

パン:私はパンと言います。私は牧師で、ヤギたちと暮らしを共にしてきました。そのため、私はいつも人からマヌケだなんだと罵られます。私はただヤギが好きなだけなのに。ある日、小さな子供たちに石を投げられました。親にアイツはマヌケだと教えられたのでしょう。私は我慢できず、がむしゃらに走りました。走って走り疲れて、気がつくとここにいました。一人で、とても寂しかったので、あなた方が来てくれて本当によかった。

秋:牧師様に石を投げるなんて…、非人道的ですわ。

夏:山羊を馬鹿にするのも良くないよなぁ。アタシ、ハ○ジ好きだから許せないわ。

冬:ゆきちゃん!ハイ○は冬も好きだよー!

春:ちょっと変な匂いがしますが、明るい部屋へ行きましょう?パンさん。

KP:そう言ってパンと部屋の外へ出ると…。

パン:なんだ、ここは私の家だったのか。知らずのうちに帰ってきていたのか?

春:え?パンさんの部屋なんですか?

KP:4人がさっきまで感じていた異臭は消え、部屋も薄暗い灯りから暖かい灯りに変わり、内装もまったく変わっていた。

パン:みなさん、出してくれて本当にありがとう。もうこの街にはいられない。もしよかったら、私をあなた達の街に連れて行ってはくださいませんか?

春:和たちたちの街へ?良いですよ、一緒に行きましょう。

秋:最後の最後に申し訳ないのですが、心理学をパンさんに降らせてください。この方がラスボスって事はないですわよね?

KP:良いけど、秋ちゃん心理学は初期値だから5しかないよ?

秋:それでもです!

心理学【秋:5】65失敗

 

秋:ぐぬ…。

KP:パンは凄く笑顔だね。

春:まぁまぁ秋ちゃん、たぶん大丈夫よ。私はパンさんと一緒に外へ出ます。

KP:ドアを開けると、眩しい光が目の前を包み込み、気がつくともとの場所だった。

 

---

 

その後、4人は再び小さな丘へ集まった。

ここ最近は天気が悪く、あいにく星が見れるような空ではなかったが、今日は来なければいけないような気がした。

 

春:あれからパンさん、どうなったのかな…。

秋:どうもこうも、あの方は実在しないのでは?

夏:秋はロマンがないなぁ…。

秋:非現実的な話は好きではないのです。

冬:冬は今回活躍出来なかったから寂しいなぁ…。

 

そう話している4人に、一人の男性が声をかける。

 

「ああ良かった、此処に居たんですね。貴女達を探して、はるばるギリシャから来てしまいました」